電力自由化


以前は、各地域の旧一般電気事業者により独占され、決められた電力会社としか契約することができませんでした。2016年4月の「電力自由化」により、さまざまな業種の企業が、電力の小売に参入できるようになりました。これにより、消費者の皆様はティーダッシュを含む数多くの企業・電力会社が提供する電力サービスから電気の供給元を自由に選択できるようになりました。

Our Service Areas

消費者にとっては?

各小売電気事業者が提供するサービスや料金、特長をふまえて、電力会社を自由に選択することができます。
選択した小売事業者に関わらず、従来の送電線を通して電気を供給するので、電気の安定性は変わりません。

また、電気は今まで通り各一般送配電事業者より安定して皆様のご家庭や事業所に供給されます。

電力会社を変えるということは電線の張り替えが必要?

いいえ、各小売電気事業者は従来の送電線を利用しますので、電線の張り替えや電柱の立て直しは不要です。



簡単に言うと

Our Service Areas Our Service Areas
発電事業者

発電事業とは?

電気の発電をする事業です。

Our Service Areas Our Service Areas
小売電気事業者

小売電気事業者とは?

小売電気事業を営むために経済産業大臣の登録を受けた者をいいます。電力卸売市場や自社の発電所、契約した発電事業者から購入した電気を、送電線を通じてお客さまに供給します。

Our Service Areas Our Service Areas Our Service Areas
地域電力会社 個人や法人のお客様

一般送配電事業者とは?

地域の電力会社は2020年4月に部門ごとに分社化し、送配電部門は独立しました。一般送配電事業者は、従来通り、送配電ネットワークを管理し、お客さまに電気をお届けします。